• HOME
  • 協会情報
  • 会長挨拶

会長挨拶

会長イメージ

一般社団法人 日本寝具寝装品協会
会長 西川 八一行

 弊協会も会員各位並びに所轄官庁であります経済産業省生活製品課をはじめとする政府関連各位のご支援を頂き4月で第7期を向かえる事となりました。これも偏に弊協会が基本として推進する「消費者に安心・安全をお届けする事業」に深いご理解を頂き進められる事と考えております。
さて近年業界を取り巻く環境変化は大きく、消費税率の変更、米中経済摩擦、頻繁に起こる自然災害、新型コロナ感染、それに伴いオリンピック延期等々大きな影響となっております。
一方で弊協会では、政府が提唱する「人生100年時代」に対応する施策として経済産業省商務・サービスグループ・ヘルスケア産業課が推進する「健康寿命延伸産業創出事業」の一環として「ヘルスケアガイドライン策定」の一員に選定され、自主ガイドラインを策定すると共に非保険外対象寝具商品の認定、規定書の策定等を行い、令和2年4月より会員の皆様からの募集を行っております。この新たなビジネスも今後加速度を増し進んでいく高齢化社会の中で毎日を元気に生活出来る社会を目指した政府の方針に沿った国民に欠かす事の出来ないもので、業界全体で取り組んでいく重要な事業と考えております。

 又2017年より進めている「羽毛ふとん産地認証」「まくら品質表示統一」「ウレタン敷き性能表示統一」もいよいよ令和2年秋・冬商品から市場で展開が進んで参ります。
併せてRFIDを活用した寝具寝装品業界の業務改革事業も3か年計画の最終年度を向かえ実動に向けての段階的な取組検討を行って参ります。
こうした事業の根底には、弊協会が目指す消費者への安心安全と業界の更なる繁栄に向けて、ご提案するものであり令和新時代を迎え早や二年、消費者のお役に立てる事業活動と新たな需要創出に向け眠りの大切さをより一層皆様にご提案して参りますのでご支援の程宜しくお願い申し上げます。

会長サイン